健康をめざすなら青汁から 

ここ近年、健康についての意識が高くなってきました。ドラッグストアやインターネット販売でもヘルシー食品がいろいろ手に入るようになりましたが、青汁は特に体にいいといわれて人気が高まっています。種類は豊富で、明日葉、大麦若葉、ケールなど様々ですが、一番飲みやすいのは大麦若葉です。大麦若葉が主原料であれば、苦手な子供さんから高齢者の方まで家族で毎日飲むことができます。反対にケールは匂いが強く飲みにくいですがアレルギー体質を改善できるなど、優れた効能を秘めています。健康食品をあれこれ買うよりも、まずは手軽に飲める青汁から始めてみるのもいいかもしれません。

青汁を飲用して食物繊維を補う 

普段の食事で食物繊維の量は足りているでしょうか。不足しているようでしたら健康のため青汁を飲用しましょう。かつて食物繊維は腸の掃除屋程度の認識しかされていませんでしたが、今日では六大栄養素の一つに数えられるに至ります。その役割とは、腸の内壁に密着しながら進むことで腸をきれいにし、栄養吸収効率を高めるというものです。それから体脂肪の蓄積を抑制する働きも知られるようになりました。食事を始めると人の体内ではインシュリンの急激な分泌が始まります。そして同様に食事を開始して増える糖を、ことごとく脂肪に変えていきます。食物繊維はインシュリンの分泌を穏やかに抑える働きをしますので、結果的に新たな体脂肪の蓄積を防ぐ健康上のメリットがあるのです。食事が不規則などで野菜不足の人は青汁などで補給すると良いでしょう。

アイスクリーム